« ご当地キティ5発目・三重県 | トップページ | 歌のこと②音楽耳 »

トレーニングのこと

普通レレ弾いてる時間て実際は練習に費やしてる時間がほとんどですよね。人前でやることなんてめったにあるわけでもないし。曲をマスターするためか、何かの譜面みておぼえてるか、教本みてるとか、だから練習してる時間はたのしんでやりたいし、どうせやるならやってる分進歩もしたいやね。

曲そのものの練習をするって以外に少しずつやってる練習があります。
やれば結構ポイント高いと思います。でもハードルもたかいです。

それは指トレです。(ウクレレでは多分やってる人少ないはず?)
指を鍛えるのはまったく何かのスポーツを練習するのと同じです。思うように弾けるまでにはこの辺の筋肉を鍛えないと気持ちを思うように伝えてくれません。ゆっくりゆっくり1フレットづつ人指指から小指までつかって上昇、下降させます。こういうバリエーションは際限なくあって自分なりのメニューを作ってやってます。

指を鍛えてるといいこと
一年前よりはだいぶ指板への食いつきがまともになってきました。まだまだだけどね~。指痛いけど結構楽しいもんです。単音だけでなくコードを押さえるための握力も自然につきます。

やさしい曲なら、さほど曲の練習しなくてもすぐ指がいかないとかいうことはないので案外すぐ弾けたりします。だから2,3年レレやめないで続ける気なら、遠回りしているようで近道かも知れません。
でも私の場合はそれよりも曲を覚えられないです。

私見をいってるのでして、人それぞれだからあくまでも参考ですよ~~♪

次はコードの話あたりかなあ・・・
こっちのが先だったかも

ではまた

|

« ご当地キティ5発目・三重県 | トップページ | 歌のこと②音楽耳 »

コメント

キヤマンさん、こんにちは。
指トレのこと、なんとなくわかります。
ピアノならピアノの指トレ用教則本なんかもあるし、金管楽器なら指だけじゃなく呼吸や口のトレーニング用のがあるし。
でも、ウクレレにそういう教本ってあるんでしょうか?

トレーニングと言ってもただ強くするっていうのと違いますよね?
何というのだろう・・・基本と言えば基本だけど・・・。
私が他の楽器でそのトレーニングを積んでいた時は、自分の思うように演奏できるようにするためって感じだったかな~。金管楽器なんかの時には、3時間ぐらいある練習時間の半分は、そのトレやって、体が温まってきてから、曲の練習に入ってました。そうしないと、まともに思うように吹けないんですよ。
自分のカラダの一部だけど、やはりトレーニングしないと思うように動いてくれないっていうか・・・。
自分の音楽表現をより自然に自由にできるようにするためっと言うか。

何が言いたいのか、まとまりませんが・・・。なんとなくキヤマンさんの言いたいことがわかるような気がして。
では、今日はこれで。

投稿: かっこ | 2004.01.17 17:31

かっこさん、今晩は。見過ごしていました。ごめんなさい。
指トレはどんな楽器でもあるレベルに到達するためには必要です。ただウクレレはのんびりゆったりとかお手軽とかイメージが強いしそういう動機でやる人が多い以上、あんまりハードなことをいう教則本もないでしょう。ウクレレ本でそんなめんどくさいことかいたら売れませんもの。こういうのあればなあと思う人も少ないでしょう。
回りを気にしないでちょっとづつでもやってください。本当はこのことは人にあまり言わず自分のノウハウとしておけばいいことかも知れません。○秘でやって差をつけてください。

投稿: キヤマン | 2004.01.18 23:30

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トレーニングのこと:

« ご当地キティ5発目・三重県 | トップページ | 歌のこと②音楽耳 »