« ちょっとお遊び | トップページ | ご当地キティ7発目の答え »

歌のこと③声という楽器

自分の声って好きですか?
録音した自分の声を聴いた時、ほとんどの人は自分の声と違うとか嫌な声だという反応をします。でもこれは仕方ないことです。声を出している本人は、「自分が外に出している声」と「自分の体の中で響いている声」を同時に聴いているのですが、実際に相手が聴いているのは「自分が外に出している声」だけです。だからそこにギャップがあって当然なのです。
録音した自分の声がどんなに嫌な声であっても、現時点の自分の楽器はその音色です。楽器変えたーいと思うかもしれませんが、恐らくどんなにトレーニングしても声の本質的な部分を変えることはできません(無理なトレーニングをして声をつぶしてしまえば別ですが…)。ウクレレでフルートの音を出すことはできないのと同じようなことです。
でも、声の出し方を変えてみることによって、聴く相手側にいいなと思わせる声を作ることは可能です。
ウクレレでたとえて言うなら、同じウクレレを使っても弾き手によって全然音が違いますよね。それは人によって弦をはじく力とか速さとかが違うからです。単純なドレミの音階を弾いても私が弾けばもわっとしてしょぼい音色、キヤマン師匠が弾けばクリアで広がりのある音色ってな感じです。
だから、今の自分の声が嫌だからといって悲観する必要はありません。声の出しかたを意識的に調節することでたぶん今よりもっともっといい声は出せるようになります(と思いつつ私は練習してます)。
それから、自分は音痴だから歌はちょっと、と思っている方もいると思います。私が思うに、たぶん声帯や耳が正常に働いている人に音痴はいません。もし本当に音痴なら、しゃべっている時の音の高さの調節もできないはずですよね。音痴だと思い込んでいるだけで、本当は訓練がちょっとばかり足りないだけなのです。
で、次回はいい声を作る具体的な練習方法を。

|

« ちょっとお遊び | トップページ | ご当地キティ7発目の答え »

コメント

そういえば、昔、自分の声は
「ウルトラマンがんばれ」の
ナレーションに似ていると
言われました。
それって?

投稿: しの | 2004.01.25 05:30

うーん。。。。
「ウルトラマンがんばれ」の
ナレーションの声がどんなかわからなーい!!!
でも、ナレーションするくらいだからいい声なんでしょうね。
とすると、しのさんはもともといい声なのよ。
うらやまし~い。
私はしゃべる声はあひるの声みたいって笑われたことある…。
あひるの声って???

投稿: Meg | 2004.01.25 09:33

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌のこと③声という楽器:

« ちょっとお遊び | トップページ | ご当地キティ7発目の答え »