« 週間報告1/29~2/5 | トップページ | ご当地キティ番外編③・鍋奉行シリーズ »

歌のこと⑤声を響かせる練習の続き

前回、声を響かせるための練習・ステップ1を紹介しましたが、やってみてどうでしたか?すぐ出来たという人、なんだかよくわからないという人、いろいろだと思います。
この練習は出来たからそれで終わりというような練習ではなくて、楽器で言えばスケール練習=ウオーミングアップみたいなものなので、出来ても、出来なくても毎日続けてみてください。ポイントは息の流れに意識を集中しながら小さな声でハミングすることです。続けているうちに少しずつ感覚がつかめてくると思います。
少しでも感覚がつかめてきたら、ステップ2です。
今度はハミングする音程を変えてみます。知っているメロディでもなんでもいいんですが、とりあえずは単純なところでドレミの音階を。自分のやりやすい音の高さからハミングでゆっくりドレミの音階をハミングしてみます。音が高くなるにつれて、響く位置が鼻から徐々に頭の方に移動していく感覚をつかみながら。ポイントはゆっくりやることです。早くやってしまうと、ドの音がこの辺で響いて、ミの音はこの辺で響いてるんだなって確認ができないからです。
この感覚がつかめるようになると、響きの位置で音程の調節ができるようになるので、音程もしっかりしてくるし、高い響き(頭の方の響き)がつかめるようになると、高い音が出しやすくなります。
楽器を持っている人はドレミの音階をハミングする前に、楽器で最初の1音を確認してからドレミを歌って1オクターブ上のドまで歌ったら、最後の音が正しいどうか確認してみてください。違っていたらドレミの音階のどこかの音程の取り方が狭いあるいは広くなってしまっているので、今度は楽器で一音一音確認しながら歌ってみます。ドレミの音階がきちんと歌えない場合はたいてい、「ミとファ」「シとド」の音程を広めに取ってしまっている場合が多いようです。この練習もとにかく一音一音確認しながらゆっくり歌うことがポイントです。

|

« 週間報告1/29~2/5 | トップページ | ご当地キティ番外編③・鍋奉行シリーズ »

コメント

ハミングって、唇は当然閉じるものだと思いますが、口の中はどうするんでしょう?トランペット等の金管楽器も吹くときには、当然唇は軽く閉じるようにしますが、なるべく口腔内を広くするようにします。ハミングもそうでしょうか。口の中が閉じたような状態でも音は出ますが、空気の流れは、閉じた状態と広くした状態ではずいぶん違うような気がしますけど。何だか、基本的なことが分かっていないですね。

投稿: いのちゃん | 2004.02.10 02:03

いのちゃんが書いているように、口の中はできるだけ広くした方がたぶんいいです。普通に唄うときももちろんそうです。
ぎゅっと閉じていては喉の辺が緊張しすぎて声出しにくいですからね。口の中広くした方が舌のおさまりもいいし(舌の位置が奥まりすぎていると喉が閉まっちゃうんで)。


投稿: Meg | 2004.02.10 02:43

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌のこと⑤声を響かせる練習の続き:

« 週間報告1/29~2/5 | トップページ | ご当地キティ番外編③・鍋奉行シリーズ »