« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月の5件の記事

ハワイのおもひで完結編(6日目②+7日目)最後の夜に素敵な出会いが…の巻

お腹いっぱい食べた後、バスに乗り移動。プナルウ・ブラック・サンド・ビーチに向かいます。
ガイドさんの説明によれば、ハワイには3つの色の海岸-溶岩が波で砕かれてできた黒砂海岸・溶岩の中に溶けていたオリビンと呼ばれる鉱物(大きな結晶はペリドット呼ばれ8月の誕生石になっています)が細かく砕けてできた緑砂海岸・貝やサンゴが細かく砕けてできた白砂海岸-があるそうです。ブラック・サンド・ビーチは名前の通り黒い砂の海岸で、海亀が甲羅干しのために砂浜に上がってくることでも有名。
海亀に会えるかわくわくしながらビーチに到着。観光地というわりにはこじんまりした感じの海岸です。

DSCN1960
▲売店に3色の砂のセットが売っていたので記念に購入。ハガキ付きで3ドル。砂は本来タダなのだから高い買い物かも??

波打ち際を歩いてゆくと、いました海亀!!お昼寝中のようです。
亀の横の看板には「カメが休憩中 4.5メートル以内の進入禁止(写真撮影も含む)」と書いてあります。この海亀は絶滅の危機に瀕しているので国が保護していて、さわったりいじめたりすると罰金が課せられるそう。そんなわけで、亀が休憩しにくるたびに、誰かか看板を亀のそばに立ててゆくそうです。看板係りの人もたいへんだ…

050802-10
▲すみません…写真撮るのに思いっきり近寄ってます(^_^;)

海亀にさよならした後は、ナアレフのパン屋さんでひと休み。美味しいと評判のアイスクリーム買おうと思ったら狙ってた味がなくなっていました。トイレなんか行かなきゃよかったよ~~~(T_T)

この後はしばらくバスで移動。ちょっとウトウトしてたら、ウクレレライブが始まりました!!最初はもちろんフェスティバルで演奏した例の2曲から。チームリーダーのMさんやツアコンのKさんを中心に大盛り上がりです。キャプテン・クックが上陸したケアラケクア湾に近づくと、ご当地ソング?「ハワイのわらぶき小屋(My Little Grass Shack In Kealakekua,HAWAII)」をみんなで大合唱。ガイドさんもあまりの盛り上がりぶりに驚いていました。

そんなこんなしているうちに、いろんな種類のコナ・コーヒーやお土産が売っているお店に到着。ウクレレのピンズを見つけたので購入。iisanにも教えてあげたら早速購入。しばらくして、またそのコーナーをのぞいてみると、けっこうたくさんあったはずなのに一つもない…さすがウクレレ好きの集まりです。ピンズの他にウクレレ柄のTシャツなんかがが飛ぶように売れていました。

DSCN1963
▲今回の旅で購入したウクレレグッズ。

4時過ぎにキングカメハメハ・コナリゾート・ホテルに到着。荷物を部屋に置いた後、近所をぶらぶらお散歩。中古のCD屋さんがあったのでのぞいたら、昨晩演奏していたKaniala Daniel MasoeさんのCDが売っていたので、買いました。それからジェイクのCDも(私ウクレレのCDはあんまり持っていないのですぅ…(^_^;))。

5時半からは地元のウクレレサークルの方たちと交流ディナーパーティー。地元の方たちの演奏を聴いた後、私たちもフェスティバルの2曲を皮切りに何曲か演奏しました。もうこれで、この2曲をみんなで歌うことはないんだなぁ~と思ったら、ちょっぴり感傷的な気分になってしまいました。

このパーティでは、地元のウクレレ愛好家のウクレレが何本か展示販売されていました。ビンテージのいいウクレレがあるということでしたが、もうお金もないし、見るだけ見ようと思ったら…やっぱり買ってしまった(-_-;)バンジョーウクレレ。音がコロコロかわいくて、ついつい。。。
出発当日胸騒ぎがしたのでソフトケースを一つ余分に持ってきていたのですが、このバンジョーレレにぴったりサイズ。まさにこの子を連れて帰るために持ってきたって感じです。財布がすっからかんになりましたが(しかも奥さんにお金も借りてしまったし…)宿命の出会いなので?いいとしましょう、そうしましょう。

8時頃パーティーは終了。最後の夜だしもう少し遊びたいな~と思ってロビーをぷらぷらしてたら、チームリーダーのMさんからコナビールを飲みに行くけど一緒に行きませんかといわれたので、もちろん同行することにしました。

コナビールのお店はホテルからすぐの所にあるということでしたが、見つかりません。どうやら場所は同じでも入口が変わってしまったようです。正式な入口まで行くのはものすごく遠回りになるということで、2メートルほどのがけをよじ登っていくことにしました。女性も5名ほどいましたが、なんとか無事山頂?を制覇して、コナビールのお店にたどり着きました。

050802-16
▲お店の入口。9種類のコナビールから好きな4種類を選べるサンプラーを注文していろんな味を楽しみました。小さめのグラスに入っているのですが、これで8ドル。とってもお得です。

いい感じに酔っ払って、ホテルに帰ることになりました。今度はがけを下りないといけません。みんな酔っ払らっているし、足元は暗くて見えないし、下りるのにかなり難航しています。しばらくすると、足元がなぜか明るくなりました。周りを見ると、なんと見知らぬ方が私たちの足元にライトが当たる位置に車を止めてくれているではありませんか!!なんて親切な人なんでしょう!おかげでみんな無事に下山することができました。
ハワイ最後の夜、見知らぬ方から受けた親切でとても幸せな気分になりました。

少しだけホテルの近くを散歩して、朝ごはんを買って部屋に戻り、増えてしまった荷物をスーツケースに押し込んで12時頃就寝。

8月3日(水)
6時45分起床。、パンとバナナを食べて8時過ぎにホテルを出発。バスに乗ってコナ空港へ。

チェックインも手荷物検査も終えて売店をブラブラした後、中央の広場に戻るとまたもやウクレレライブが始まっていました。私も早速ウクレレを出して参加。まずはいつもの2曲から。こんなところでまた演奏できるなんて、びっくりです。人通りの多い場所(当たり前か…)だけに、観客もけっこう集まっていただいて、なかなか楽しい路上ライブになりました。空港関係者も拍手してくれたのには、またまたびっくり!!

050803hw13_kona_airport_2
▲大笑いしながら弾いているのは何ででしょ???写真はIta-san撮影。

あっという間に搭乗時刻になり、毎日が音楽漬けだったこの旅も無事に終わりました。
旅行中お世話になったみなさん、ほんとうにどうもありがとうございました。

それにしても、この旅でフェスティバルの2曲を何回歌ったのかな?こんな短期間に同じ曲を何回も歌うなんて初めての経験でした。(終わり)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

第4回神戸ウクレレ交流会

なんだかバタバタしていたので、ここにお知らせ書くのが遅くなってしまいましたが、5月に私たちが参加した神戸ウクレレ交流会の第4回が来年3月12日(日)に開催されます。

ゲストはジャカソロ本でもおなじみのカマテツさん。前夜祭ではカマテツさんのワークショップもあるそうです。

今回私たちは残念ながら伺えないのですが、関東から一人5役?のあの方や、ウクレレをやっている方なら必ず一度はお世話になるあのHPの主の方や、ライブ活動に精力的なウクレレデュオのお2人(いや、3人で行くのかな?)が参加するという情報を入手しています。
5月も充実した内容でしたが、第4回はそれ以上に充実した内容になるのではないかと思います。
今回はなんとコアロハのウクレレやラニカイの6弦テナーピックアップ付きなどが当たる抽選会もあるそうですよ!!
チケット(2000円)は1月10日発売(出演のエントリーもまだやっているみたいです)。
お近くの方はもちろん、遠い方もぜひこの機会に神戸まで足を運んでみてはいかがですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハワイのおもひで(6日目①)火山へ行く…の巻

8月3日(水)
ハワイでの最後の一日。この日は観光がメインです。

8時にホテルを出発。バスの後ろの方に席に乗り込むと、「部屋の鍵は返しましたか?」とツアコンKさんの声が。げっ!私の手にはしっかり部屋の鍵が…。疲れているのか、朝に弱いせいなのか、かなりボケてます。

まずはカメハメハ大王像の前でそれぞれに写真を撮ったあと、「ビッグアイランド・キャンディース」というお菓子のお店へ。ハワイで最も有名なお菓子屋さんだそうです。コーヒーの試飲やお菓子の試食をしながら、職場に配るお土産をいくつか買いました。

次にハワイ火山国立公園にあるジャガー・ミュージアムへ。火山活動を調査するためのシステムの展示やキラウエア火山の爆発で出来た溶岩などが展示されています。

そして火の神「ペレ」が住むというハレマウマウ火口へ。硫黄の匂いがすごいので、マスクの上にタオルを巻くという重装備で火口まで歩いて行きました。050802-7
▲ハレマウマウ火口。ハワイの人たちにとってはとても神聖な場所ということで、果物やお花が供えられていました。

dscn1866_2
▲溶岩が流れたあとがそのまま残っています。この上を歩いていてすっころびそうになりました。

午前の観光の最後は、サーストン・ラバ・チューブ。溶岩流の表面が固まったあと、中の溶岩だけが流れ出て出来上がった300メートルほどの溶岩の洞窟です。
2009
▲熱帯植物の生い茂るジャングルのなかに洞窟があります。写真はiisan撮影。
2010
▲洞窟の中。またしてもiisanの写真を拝借。この日私が撮ったこの辺りの写真は全く使い物になりませんでした…(-_-;)

昼食は公園の入口近くにあるボルケーノ・ハウスでキラウエア・カルデラを見ながらのバイキング。バイキングといっても、長蛇の列ができてしまっていたので、一回しか料理が取れませんでしたが…。
ボルケーノ・ハウスのロビーには100年以上も絶えることなく燃え続けているという暖炉があるらしいです(今HPを見て知りました)。知ってたら見て行ったのに、残念。。。

さてさて、午後はどこへいくのやら。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

奏法いろいろ

ありますね。
結局自分がどういう音楽がやりたいか、そのためにはどういう弾き方が一番あってるかということでしょうか。

いろいろやってきましたがなんだかんだいってもやはりウクレレは他の楽器よりはすごく身近な感じで
人に優しく、初めて楽器を始めた方にも本格派の方にも音楽を楽しめる素晴らしい楽器です。
ご自分のペースにあわせて充分楽しめます。
もっと上手くなりたくなれば練習次第でそれなりに応えてくれます。
でてくる音は自分の感性、力量に忠実です。

キヤマンはオールマイティに一通りはいろいろな奏法やってみようと思っているのであちこち手を広げようとしています。
若いときなら気合いを入れてゲーム感覚と意地と根性で完コピ目指してどれだけその人にちかずけるかなんて思いながらやったでしょうが、今はさすがにそんな気力はないのでちょっと○○さん風にくらいに自分の中でなれば充分。

ギターでもいろいろなスタイル、弾き方がありますがウクレレでも同じ。ほんとにきりなくあってそれを何とかモノにしようと思っただけでわくわくしてきます。こうおもっているうちはまだ進歩するかなって自分にいいきかしてます(笑)。いまだなにが一番いい感じの弾き方なのかまだまだ見えてないのでいろいろやってみたいわけです。

いきつく所、
自分なりの弾き方で自分が楽しめればいいんですがまだまだ出来ない悔しさが邪魔しにきますね。
潤いのあるもっともっと楽しい音楽に接して自分でも発して毎日をすごしたいですね。

ウクレレでやれたらいいなとおもうことは
他の楽器と対等(負けずに)にジャンル関係なくハンディキャップを感じさせずに何でもやれること
ウタ伴ももっと上手くならないと相方に悪いし

ソロでは
いろいろな○○さん風一通りさらっとね
あとはオリジナルスタイルでの
ジャジーなソロ
ボッサなソロ
ラテンぽい感じのソロ

いろいろあって大変です。もっと時間が欲しいです。
あっと、ハワイ?関連もいくつかできたらとおもいます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

1月から

ライブでお世話になっている国分寺のクラスタさんで曜日を変えて勉強会を再開します。

今まで月1の日曜日お世話になった乃木坂よしだ屋さんはとてもお気にいりのお店なんですが
残念ながら開催日の土曜日午後は通常営業中。
またお世話になるときがあると思います。お近くにいらしたときは是非おいしい珈琲を味わいに
よしだ屋さんにお立ち寄りくださいね。


クラスタさんでの概要は

 第1土曜 テーマを決めての勉強会
       10人前後を設定
       やさしいもの、むずかしいものおりまぜて、その時々で・・・
       別に何も問わないけどある程度やってないと
       消化不良になるかな

 第3土曜 少人数でのレッスン(最大でも同一時間で4人まで)
       こちらはご希望により時間をとりました。
        どちらかといえば皆さんの意向にそってすすめます。

       はじめたばかりの方も可、こちらはMegさんが中心で
       要望により弾き語りの伝授も

キヤマンはローGーチューニングメインでジャズ、ボサ系主体の演奏が多いですが
最近はハイGチューニングでジャカソロ的なものもやりだしました。

お問い合わせはブログのアドレスへどうぞ
この件はクラスタさんのHPにも掲載していますのでご覧ください。
http://www.classta.com/cms-index.htm
こちらでライブもやってます。興味のあるかたはお出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »