« 行ってきました。 | トップページ | 基準ピッチ »

チューニング

みんなでウクレレの練習をしていると微妙な不協和音。。。
ウクレレチューニングしましたかって聞いてみたら「家でやってきました」なんておっしゃる方が時々います。

弦楽器はチューニングが命。
いくら上手く弾いたってチューニングが合ってなければ、全然上手く聞こえません。
ましてや合奏の場合にはちゃんと合わせないと音が汚くなって折角の演奏もだいなしです。

ウクレレは一般的には木でできているし、弦はナイロン。
だから周りの温度や湿度に影響を受けやすくて、
ちょっとしたことでチューニングが狂いやすいです。

なので、演奏の前には必ずチューニングの確認を(1時間前にチューニングしていたとしてもです)。
演奏中でも気になったらチューニングをまめに確認するクセをつけたほうがいいです。
(もちろん弾いているときは直せないので、演奏の合間にです。。。)

チューニングも音叉やピッチパイプを使う方法もありますが、弦楽器初心者の方にはそれらでチューニングをすることはけっこう難しいので最初はデジタル式のチューナーがおすすめです。

チューニングが難しく自分では時間がかかってしまうので人に頼んでやってもらうという方もいますが、慣れの部分もありますのでなるべく自分でやるようにしましょうね。
私も最初はちょっと苦手でした(^_^;)

|

« 行ってきました。 | トップページ | 基準ピッチ »

コメント

わたしはKORGの目玉のチューナーを2個持っています。
何故なら使い慣れたものを複数持つと、もしメーターがおかしい場合にいいのだ。
わりと、うたぐり深いのだった。

投稿: きま | 2008.01.13 14:09

機械といえども完全に信用はできませんもんね。壊れることもあるし。
おにぎりタイプは折りたたみの部分が壊れやすくて、実は私はもう3個目なの、、、

投稿: Meg | 2008.01.13 14:22

オータサンのコンサートでも、チューナーが付けっぱなしでした。
ライトの熱ですぐチューニングが狂うとの話でした。
絶対音感の人はいいのでしょうが、私にはチュナーは必需品です。
(昔、音叉を使用してたな~。)

投稿: モリパパ | 2008.01.14 07:00

モリパパさん
コメントありがとうございます!
最近のチューナーは楽器にそのまま付けられるのでホント便利になりましたよね。
オータサンもですか~~
うちのライブのときもみんな付けっぱなしです。スイッチ消し忘れて電飾代わり?になっていることもあります。
音叉であわせるのも見た目とってもカッコいいんですけど、慣れてないと時間かかっちゃうので、ライブの時には機械任せです。

投稿: Meg | 2008.01.14 12:51

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チューニング:

« 行ってきました。 | トップページ | 基準ピッチ »