« 体でリズムをとること | トップページ | 歌うように、弾くように。。。 »

均等にするって難しい。。。

昨日はウクレレ勉強会の日でした。
最初の1時間半は基礎的トレーニング。指とリズムを鍛える練習をしました。コードチェンジをしながら8ビートのストロークをするのですが、順番に1人ずつやってもらうと多くの人がシャッフル気味。
はねちゃってます。

リズムの名前がよくわからないよ~という人のために説明しますが
8ビートとは、4分の4拍子で8分音符を基本単位としたビート。2拍目と4拍目にアクセントをおくバックビートのスタイルを持ち、ロックをはじめ、多くの現代ポピュラー音楽で使われているスタイルです。

シャッフルとは、3連符が4拍ある4拍子で3連符の真ん中の音符を抜いたリズムです。言葉で書くとわけがわかりませんが、例えばスキップしてる時のリズム、馬が走る時の「パッカ、パッカ、、、」というリズムを思い浮かべるとわかりやすいかな。

ここにいろんなリズムの音源があるので聞いてみるとわかりやすいかと思います。

難しいことはさておき、一番大事な事は8ビートは跳ねないリズム、シャッフルは跳ねるリズムだということです。

8ビートを一番単純にウクレレで弾いてみようと思ったら1小節にダウン・アップを4回やればいいのですが、ダウンもアップも同じ長さ、すなわち均等にする必要があります。
(ダウンが長くなったらシャッフルになっちゃうので。)

、、、が、これがえらく難しい。

かなり意識してやらないと均等にはならないはずです。
ちょっと気を抜くとシャッフル気味に。

均等に体を動かすことって人間にとってとても難しいこと。
シャッフルの方は音の長さが均等でない分、人間にとってはやりやすいのでしょうね。

ちょっと参考になるサイトがあるのでご紹介しときますね。皆さんも知っているある有名な曲をいろんなリズムで演奏しているサイトです。リズムが変わればメロディーの弾き方・歌い方も当然変わります。そのあたりのこと、このサイトで確認いただけたらなと思います。

|

« 体でリズムをとること | トップページ | 歌うように、弾くように。。。 »

コメント

ウクレレで最初にやるリズムって
どうしてもジャッカジャッカからはじめるって
ことがおおいし、
ウクレレでの伴奏って言うと
聴いてる限りでは
ほとんどがその系統のリズムだから
無理もないかもね。

一般論で乱暴ないいかただけど
いままで聴いてる限り
というか
自分の教えてるみじかな方たちに
絞っても

上手な方でも
そしてハワイアン系で
ない方でも
シャッフルぎみのかたが
おおい気がします。

なんでもやろうとするなら
ウクレレを他の楽器と同じように
オールマイティな楽器として
やっていくなら最初のアプローチって
とても大事だと思いました。

世の中の半分以上の曲はジャッカジャッカ
してないとおもうのです。

投稿: キヤマン | 2008.02.04 00:34

シャッフルと言えば、自分が大分前にやっていたビーのコピーバンドを思い出します。
1960年頃イギリスではシャッフルが大流行していて、ビートルズもそう言う影響から、初期のオールマイラビングやキャントバイミーラブなんかも、そう言う感じです。
自分もそう言う癖が,少なからずあります。

投稿: きま | 2008.02.04 22:09

思うに正確に弾こうとすると、音楽が
止まるような気がしますが・・・・。
私の場合、休符がどうしても短くなり
速くなります。
訓練、訓練。

投稿: モリパパ | 2008.02.04 22:57

モリパパさん
>私の場合、休符がどうしても短くなり
速くなります。
専門にやってきた方以外は
おそらくみんな同じ現象です。
その辺の落とし穴を勉強会では
取り上げています。
地味でしょ。

投稿: キヤマン | 2008.02.04 23:11

きまさん
そうですね。そのあたりの曲はそんな感じ。
でも実際シャッフルといっても、ハワイアン系とロック系、ジャズ系などなど音楽の分野で微妙に音の長さが違うようです。

モリパパさん
きちんと休むのも難しいですね。
音を出してないところも演奏の一部分なのですけどね。。。

投稿: Meg | 2008.02.05 00:24

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 均等にするって難しい。。。:

« 体でリズムをとること | トップページ | 歌うように、弾くように。。。 »