« イメージの具現化 | トップページ | 自分をよく見てみよう »

左手の親指

コードが上手く押さえられないという方の指を見ていると、左手の親指がうまく使えていないことが多いように思います。
一番多いのは親指がネックの下のほうにいってしまっている人。これだとコードを押さえる時、残りの4本の指に力を入れないと上手く押さえられません。指に余計な力がかかっている分動きが遅くなってコードチェンジがスムーズにいかないことが多いようです。ネックの上の方に親指を置くと親指からの力も利用できるので、残りの4本に力をそんなに加えなくても押さえられるかと思います。
それからコードチェンジのたびに親指までネックから離す方がいますが、近い距離の移動なら親指はそのままネックにつけたままで、親指を軸にしてコードチェンジをするともっとスムーズにいくのではないかと思います。
指板の方ばかりを見て親指は気にすることが少ないかと思いますが、コードが上手く押さえられないという方は一度親指の方をチェックしてみるといいかもしれません。

|

« イメージの具現化 | トップページ | 自分をよく見てみよう »

コメント

こういうことって
あまり話題にもされないけど
スムーズに運指をしようとしたとき
大いに関係あるんですよね。

投稿: キヤマン | 2008.03.09 16:05

私は、親指は、弾く毎に大移動します。
ウクレレを弾きながら書いていますけど、Fの時は、親指は、ほぼ全てが上に出てしまいますし、Gの時は、親指が少し顔を出す程度。
セーハをする時は、ちょうどネックの真裏より少し下を親指で押さえていますし、Chord全体にビブラートを掛けるとネックから親指が離れる時もあります。
中途半端にネックの真裏の少し上側というポジションだけは、有りませんでした。

#だから私はヘタなのか(笑)

投稿: rot-N | 2008.03.10 01:53

rot-Nさん
ご自分で弾きやすい指の位置等研究なさって、きちんと音が出て自分でいちばんしっくりくる位置がそうなのであれば、親指が出ていようが下にさがってようがそれは全く問題ありません。
これはコードが上手く鳴らない、コードチェンジのたびに音がブツ切れになる、そういう方に対する1つのアドバイス(他の要因によることもありますから)です。
でも、ご自分がヘタだと感じてらっしゃるなら、そういう部分も検討してみた方がいいのではないかと思いますが。。。

投稿: Meg | 2008.03.10 13:51

自分はね、割と親指は上下はするけど、親指支点にしているので移動は少ないかもしれません。
ギターやっていた頃の、癖なのかもしれません。

でも、今度意識してみましょう。

投稿: きま | 2008.03.10 17:01

弾きながら見てみたら、親指もほとんど上下しない事に気がついた。
ローコードの時だけだね、、親指が上に来るのは、。
普段、裏はあまり見ないもんだね。

投稿: きま | 2008.03.10 17:56

きまさん
弾いてる時にはあんまり気にしないと思うのですが、時にはいろいろ見ない部分のことも見てみるといろいろ発見がありますよ。
左手親指はもちろん、ウクレレの持ち方やら腕の部分(脇をしめすぎてないかとかね)などなど。気にしてない部分に意外なヒントが隠されてたりすることもあったり。。。

投稿: Meg | 2008.03.10 20:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11121/40436616

この記事へのトラックバック一覧です: 左手の親指:

« イメージの具現化 | トップページ | 自分をよく見てみよう »