« 自分をよく見てみよう | トップページ | 左手の指 »

規則的な運動って難しい

右手のストロークは一定のテンポで規則的に動かしていればいいのに、なぜか歌につられてテンポが一定でなくなる、規則的でなくなるという方、けっこう多いような気がします。

私も先日あまりやったことのないパターンのストロークをやりながら歌ったのですが、リズムに慣れてないと歌いながら弾くのって難しいなとつくづく感じました。弾き語りは、意識しないで一定のテンポで規則的に伴奏ができるという状態にならないといい感じで演奏できないと思います。これはたぶんどの楽器でも同じ。

普段の練習で正確に刻む練習をして、ある程度一定のタイム感を身につけるためには、やっぱりメトロノーム(もちろんリズムマシーンみたいなものがあれば、そのほうがもっといいかと思います)を使うのが一番かと思います。

メトロノームを使うと演奏が機械的になってよくないと言う方もいます。もちろん人間は機械ではないので、実際のプロの演奏でもメトロノームのように完全に一定のテンポでない場合も往々にしてあります。もちろん聴いている人も心地よいという程度のテンポのゆれですが。。。

通常の場合のリズムが走る、もたるという場合は聴いている人も聴き心地よくない場合が多いように思います。
まずは体の中に一定のテンポ感を記憶させる、そのためにはやはりメトロノームかなと思います。

特に弾き語りの方に多いのですが、自分の歌にリズムを合わせてる場合が多いです。歌のリズムが間違っていたら(部分的に走る、伸ばすところが1拍多い、休みを休まない等々)普通ストロークも合わなくなるはずなのに、歌にストロークを合わせるために帳尻が合ってしまう。
自分1人で演奏してるならいいのですが、これがバンドなら他の人が困ってしまいます。
歌に合わせるのではなくて、自分の体の中にあるリズムに合わせるということを心がけるとよいかなと思います。

|

« 自分をよく見てみよう | トップページ | 左手の指 »

コメント

>メトロノームを使うと演奏が機械的になってよくないと言う方もいます。
って
一流の方、ベテランの方でもメトロノーム使って汗たらして練習してるって現実みてるけど
ほんとに正気でそんな恐れ多いことが平気で言えちゃう人ってどのくらいすごいかたなんだろうか?

投稿: キヤマン | 2008.04.04 01:12

私は、メトロノームは苦手なので、打ち込み式のリズムボックスで音楽に合うリズムを打ち込むか、演奏に酔えない程度に淡々としたバックのカラオケを作成してしまいます。
カラオケに合わせて弾くと、自分のリズムの違いに驚く事があります。

投稿: rot-N | 2008.04.04 20:16

私の場合、ギターを練習する時、まずメロディーを正確に覚えます。ある程度弾けるようになるとメトロノームを使用して同じリズムで弾けるように練習します。自分でもある程度できたなと思ったら、メトロノームなしで自分の感性で弾きます。何事も基本があって応用です。残念ながら、なかなかそこまでの域に達しませんが。汗・汗・汗。

投稿: モリパパ | 2008.04.05 17:45

安定したテンポで弾く
昨日(4/5)の勉強会でもとりあげました。

メトロノーム使う使わないはともかく、
速かろうと遅かろうと
一定のテンポで弾く(弾ける力をつける)ことが
自分も含めてそんなに簡単なことじゃないってみんなで認識新たにしました。

ここではいえることではないから
いわないけど
出来ない理由は
個々に明確にいくつもあります。

いつも勉強会では、
みんなで音出したり
複数で音出したり
いったりきたり?
いろいろやってますが
複数であわせて
アンサンブルが活きるようになるには
やっぱり、この辺のことにスポットあてて
一時期、練習してみるってことがあるとないとでは先々の安定度や説得力が違ってきます。

始めたばかりのまだ何もわからない方ほど
ホントは頑張って欲しいことです。

投稿: キヤマン | 2008.04.06 10:34

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 規則的な運動って難しい:

« 自分をよく見てみよう | トップページ | 左手の指 »