« ウクレレの選び方 | トップページ | 人の振り見て。。。 »

言葉で伝えるのって難しい、、、

最近ある本を作るお手伝いをしていたのですが、楽器の奏法を言葉で伝えるのってとっても難しいです。
だから、最近の教本にはCDやDVDがついているのがあたりまえになってきてるのでしょうけど。
昔に比べると格段と勉強しやすい環境。
特に近くに教えてくれる場所がない方にとっては、とてもいい事なんじゃないかなと思います。
もちろんここも、本当は言葉だけじゃなくて画像か動画なんかも一緒にアップするとわかりやすいのでしょうが、なかなかそこまで手が回らなくてスミマセン。

ただ、いくらCDやDVDがついていても、どうしても一方通行的な感じにはなってしまうわけで、真似してやってみても1人でやっていたらそれが正しいのかどうかの判断は難しいのが普通じゃないかなと思います。
そういう意味では、教本だけで独学でという方も、時には外に出て生の演奏を聴くとかワークショップ的なものを受けてみるというのは必要なことではないかなと思います。刺激にもなりますし。。。

そんなわけでGW中、私も1つワークショップに参加してきます、、、、といってもウクレレじゃないですけど(^_^;)

|

« ウクレレの選び方 | トップページ | 人の振り見て。。。 »

コメント

ワークショップは
聴く方の経験で
その効果は左右されちゃう。
大いに役にたった、いや
まったくわからなかった、、
いろいろいわれるから
やるほうも大変ですね。

細かいこと得ようとするより
刺激をもらったり
見聞を広める
この辺かな
ほとんど行ってよかったって思う。

投稿: キヤマン | 2008.05.03 09:09

ワークショップは、確かに刺激や練習方法を教えてもらうような場所という気がします。
その場でできるようになることは、今までできたことの確認ということでしょう。
やはり、その後が大切なのでしょうね。

でも、一番は自分の気がつかないことを指摘してくれる先生でしょうね。

投稿: モリパパ | 2008.05.04 21:00

モリパパさん
>一番は自分の気がつかないことを指摘してくれる先生、、

信頼感がないとなかなかね
相手のやる気もかなり関係、その方の性格もかな。
私のような凡人は相性もあったりかも。

ほめるのはそれに較べて楽なことですね。
ほめられたい
悪いことはいわれたくない
これが人の定めではありんす。

投稿: キヤマン | 2008.05.06 22:33

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言葉で伝えるのって難しい、、、:

« ウクレレの選び方 | トップページ | 人の振り見て。。。 »