奏法いろいろ

ありますね。
結局自分がどういう音楽がやりたいか、そのためにはどういう弾き方が一番あってるかということでしょうか。

いろいろやってきましたがなんだかんだいってもやはりウクレレは他の楽器よりはすごく身近な感じで
人に優しく、初めて楽器を始めた方にも本格派の方にも音楽を楽しめる素晴らしい楽器です。
ご自分のペースにあわせて充分楽しめます。
もっと上手くなりたくなれば練習次第でそれなりに応えてくれます。
でてくる音は自分の感性、力量に忠実です。

キヤマンはオールマイティに一通りはいろいろな奏法やってみようと思っているのであちこち手を広げようとしています。
若いときなら気合いを入れてゲーム感覚と意地と根性で完コピ目指してどれだけその人にちかずけるかなんて思いながらやったでしょうが、今はさすがにそんな気力はないのでちょっと○○さん風にくらいに自分の中でなれば充分。

ギターでもいろいろなスタイル、弾き方がありますがウクレレでも同じ。ほんとにきりなくあってそれを何とかモノにしようと思っただけでわくわくしてきます。こうおもっているうちはまだ進歩するかなって自分にいいきかしてます(笑)。いまだなにが一番いい感じの弾き方なのかまだまだ見えてないのでいろいろやってみたいわけです。

いきつく所、
自分なりの弾き方で自分が楽しめればいいんですがまだまだ出来ない悔しさが邪魔しにきますね。
潤いのあるもっともっと楽しい音楽に接して自分でも発して毎日をすごしたいですね。

ウクレレでやれたらいいなとおもうことは
他の楽器と対等(負けずに)にジャンル関係なくハンディキャップを感じさせずに何でもやれること
ウタ伴ももっと上手くならないと相方に悪いし

ソロでは
いろいろな○○さん風一通りさらっとね
あとはオリジナルスタイルでの
ジャジーなソロ
ボッサなソロ
ラテンぽい感じのソロ

いろいろあって大変です。もっと時間が欲しいです。
あっと、ハワイ?関連もいくつかできたらとおもいます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

1月から

ライブでお世話になっている国分寺のクラスタさんで曜日を変えて勉強会を再開します。

今まで月1の日曜日お世話になった乃木坂よしだ屋さんはとてもお気にいりのお店なんですが
残念ながら開催日の土曜日午後は通常営業中。
またお世話になるときがあると思います。お近くにいらしたときは是非おいしい珈琲を味わいに
よしだ屋さんにお立ち寄りくださいね。


クラスタさんでの概要は

 第1土曜 テーマを決めての勉強会
       10人前後を設定
       やさしいもの、むずかしいものおりまぜて、その時々で・・・
       別に何も問わないけどある程度やってないと
       消化不良になるかな

 第3土曜 少人数でのレッスン(最大でも同一時間で4人まで)
       こちらはご希望により時間をとりました。
        どちらかといえば皆さんの意向にそってすすめます。

       はじめたばかりの方も可、こちらはMegさんが中心で
       要望により弾き語りの伝授も

キヤマンはローGーチューニングメインでジャズ、ボサ系主体の演奏が多いですが
最近はハイGチューニングでジャカソロ的なものもやりだしました。

お問い合わせはブログのアドレスへどうぞ
この件はクラスタさんのHPにも掲載していますのでご覧ください。
http://www.classta.com/cms-index.htm
こちらでライブもやってます。興味のあるかたはお出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと割り込みね

ハワイ紀行、楽しんでるかた。ごめんなさい。
ちょっと雰囲気かえて・・。

このコーナー忘れられそうだし


自分の音をつくっていく・・・。

いつも思うけど・・・。
たったひとつの課題でも自分のものにするって
そんな簡単なことじゃないですよね。

1年2年いやもっとかかるものもあるし。
気分を変えるだけですぐできること、数日で出来ることもある。

でも、ものにしたら実はそこにたくさんのエッセンスが含まれていて
得るものはたくさん。

レレ弾いてる人、自分の音を作り上げてほしいです。
技術が上手い下手じゃなくてね。

自分の音って誰でももってて
手、指が思うようにいかないで
自分の表現が上手く出来ないのはもったいない。

もっと表現に磨きをかけるために
単純明快
物理的なトレーニングを音楽的な気持ちをもって
少しずつでも続けましょう。
勉強会参加の皆さんは特にね!


練習はたださわっててもねナカナカ・・。
テーマを持ってあーでもこーでも思い迷いながら反復練習。

でも世の中広い。
そんな苦労なことしなくても
さわってるだけで上手くなっていく人っているのね。


ま、そんなこんなで
ソロや全般的な実力アップに真面目に取り組みたいと思ってる中級者~の方対象に
少人数制でレッスンを横浜で始めることにしました。
興味のある方はメールください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりです・・

ほんとにここにカキコっていうか表では久しぶりです。
勉強会も半年過ぎて参加の方たちが徐々に上達しているのを感じています。結局地道な練習の積み重ねがこのあたりから効果がでてきたようでうれしいです。

指トレって言葉が練習内容もともなってこの勉強会ではごく自然に使われだしたのもうれしいことです。
ギターの練習では当たり前とおもっていたことが、案外ウクレレの世界では回りを見ている限りではそれほど定着していませんでした。

でも上達するにはあんなふうにひけたらなって夢を描いて研究心を持って練習あるのみ。もう単純明快です。万国共通。楽器に限らず何事も共通。

『ウクレレをどう楽しむか』は個人の問題、ご自身の問題なので好きなものを好きなようにやってたのしめればハッピーですね。それはそれとして、ここの勉強会では極力単純明快。
ただ上達するための練習、エッセンスを取り出して練習するようにしています。

障害が山ほど。それに手もいたいですが成果もついてくるとうれしいもんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

感じたこと

勉強会でみんなの聴いてて思ったことは


リズムのながれがとまりやすいことかな。
 フレーズの変わり目
 コードの変わり目
 絃の移動時
 右手と左手の不一致、どっちかにつられてるね。


それからやっぱり曲を弾くなら必要なこと、練習してモノにして欲しいことは
 音符の長さの観念
 それからゆっくりでいいから音ははっきりと正確にね

なんで練習するときはそういうこと意識してやるといいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そんな簡単にはできません

勉強会みんなでやって思うけど、できないところはみんなほとんど共通。

多分、ふつうに自分ひとりでなんとなくやってたのではなかなか意識もしないし・・・気にもしないかも。。。
でもそれがすごく大事なことだったりなんだね。

上達のためには
自分のポジション(できることできないこと)をちゃんと自覚する。
それができるようになるための練習をこつこつやること。

10何人に共通ってことは多分一般的にみんなが通る落とし穴だから
完全落とし穴脱出法でもつくりゃうれるかな。そんなあまくはないわな。

2回やってギャップが少しみえたかな。これは自分のこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

積み重ね

勉強会のテーマは
”いつかは自分の思うように弾けるようになりたい”そのためにはなにすりゃいい!!

当たり前だけど技術は単純な練習の積み重ねでしか身につかないです。
トレーニングサンプルをこつこつ丁寧にやっていく。
ホントにこのことを一番伝えたかったわけです。
何やかや大変だけど、参加してる方たちがこれきっかけに何かつかんでくれると
すごくうれしいですね。

あとは個々のモチベーションの強弱、おたく度、ひつこさ、分析魔、気合・・こんなとこでしょうか。
どう進行させるかは個人の問題。
でもひとりでやってるよりは数段上達は早いはずですよ。

ともかくみんなやる気になってるようでうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勉強会

特にイタだけの告知、そのままズバリの勉強会でした。
想像をはるかに超えてたくさんの人がいらしてくれた。
前のイタにも書いたけどいうことも遠慮しないんで(って言うかただ大人気ないだけ)めげた人もいたようです。
スンマセン!

でも目的は正直に現状のいろんなことの自分の力を知ってもっとよくなるようにそれを練習して克服する。
これの繰り返しだからね。
なので少人数でいいから同じ周波数の方たち?とのこじんまりした会で純粋に勉強する会で
定期的に続けていけたらなとおもっています。
一汗流した後のビールも格別。

個人の嗜好、スタイルとかなんかはぜんぜん関知しません。

今そんなに弾けなくたって2,3年のスタンスでみたらレレの場合はあまり関係ないしね。
ご本人の取組み方次第だから。

やったことは今までここに書いてきたようなこと全般
右手のストロークのこと
左手の運指のこと
ピッキングのこと
代表的な曲5曲の取っ掛かり何小節か

これ以上人増えるとこのやり方では場所もそうだけど自分のキャパも越えちゃう。
または次回あたりでみんな懲りたら消滅するかも知れないな。

ま、それはそれでいいんだけど


| | コメント (0) | トラックバック (0)

右手のこと

先日のNUA講座、まとまりのない話に終始してごめんなさいでした。

いいたかったこと忘れないうちにここでかいておきますね。
ウクレレの奏法というよりは基本的なこと(ストロークのこと)をいいたかったのでした。


★楽器を弾けるようになるには

指、手首、腕、肩、結局からだ全体かな  その楽器を弾くのにふさわしい筋肉、動きを反復練習によって獲得することです。
スポーツでやってるような素振りなんかと思えば近いです。
継続してやっているとそのうち力が抜けてきて必ずふさわしい角度、いいタイミングでできるようになるとおもいます。
音色もかわります。レレ本体の音色もありますが弾き方でずいぶんかわるもんです。
上手く聴こえるということは安定した持続性のあるリズム、音を出すことです。

皆さん高価な楽器もってる。ポテンシャル発揮するまではね、もったいないから練習してくださいね。
あ、そうそうこれは右手の動きストロークのことについていっています。
自分はほとんど人前でやることはないんですけどね。一応はできないとね。ウクレレの基本ですから。


最初はネックを軽く握ってミュートして空うちでやるといいですよ。充分ストロークの練習ができます。
まあ打楽器の感覚ですね。ここでリズム的な表現を普通はするわけなんで
いろんな長さのタイム、譜割でメトロノームを使って練習します。
なにやらすごいと思っている技的なストラムも反復練習することで案外短時間でできたり
でも基本的なことは永遠のテーマだったりします。

しいて言うと
3段階のテンポを想定してやるとよいです。でないと自分の好きなテンポにしちゃうんで。
ゆっくり
普通
早く

メトロノームとのずれを認識することからやるとよいです。
まず訓練されてない手首は均一ではありえない。
必ずはね気味で食ったりはいたりしてます。
実は私でも未だそうなんですよー。
でもストロークは1年もやると大体できるようになるようです。
もちろん毎日練習しての話ですが・・。

5~6年やってもさほど進歩してないとしたら自分にふさわしい練習方法がわからなかったか、
まあんまり上手くなんなくてもいいやとおもってるか(練習しない)どっちかでしょうかね。

それから
練習曲でアイガットリズムが結構うけてたみたい。
4ビート的なリズムの勉強するにはいい曲ですよん。
やっぱたくさんの人の前で、しかもはじめたばかりのかたにとってむずかしいこといってんのかなとか、焦点が見えない。いやはや。

せいぜい5,6人あいてだったら自分でも教えられる?もっといいこといえるかな。
今んとこ教えてるのはひとり。遠慮しないから上手くなってます。
結局的確に言ってあげてその人に意識させることなんだな。あとは本人次第。
いつも基礎的なことばかりだけどそれが実力養成にはよさげなんだな。

★ちかじかMegさんと週末勉強会なるものを立ち上げたいとおもっています。前から思ってたんだけど。
場所次第なんだけどね。
ジャジーな曲、ボサてきなものをレレでももっとメジャー化したい。もちっとアマチュアの裾野を広げたいとおもってますです。
場所次第だけどせいぜい私の実力では5,6人がいいとこ。誰かやるかね。
条件は上手くなりたいと思う気持ちの強い人
初心者のかたは教え方とか教室のように順序を踏めないんで(知らないんで)めげるとおもいます(多分)
自分の楽なほうにあわしてますわい。
希望者はメールでもくれたらいいですね、入会時実技テストがあります。ウソうそ

今日はこのくらい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リズムネタとか

レレネタ、押され気味。

で、なんかこの辺でいれとかんとって考えてもいいの浮かばん。
なんでちょっと強引に
ここんとこMeg氏も練習しているバッキングネタ。

参考になるかわからんけどMeg氏悪モデルにして主に悪い部分のおはなし。

いまワタシの付き合いでトルコ行進曲のバッキング練習中。
ブンチャブンチャ ブンチャチャチャてよくありそな感じなんだけどなかなかジャストでリズムが刻めない。
特にチャんとこ
ピアノではできるみたいだから別にこの人リズム音痴じゃない。
右手と左手どっちができてないんか観察すると、う~ん。どっちもどっち。

原因
ま、それ自体の腕、手首、指、フォームとか関連筋肉がまだ訓練整備されてないからぎこちないのは
しょうがないとして
弦楽器はさわっただけじゃ音でない。はじいてナンボの音がでるんだけど。
時間差が・・・
どうも絃にさわった時が意識(ま無意識なんだけど)としてジャストっぽい感覚になっているように見える。
自分も絃楽器初心者の時はそうだったし、今もまだ意識的にやらんとそういう面もある。
テープ聴くとよくわかります。

言ってること単純なんだけどこれまじめにいうと奥ふかー。
みんなどうなんでしょうかにー。そのヘン。
ちゃんと解決してるんでしょうか

| | コメント (13) | トラックバック (0)